引っ越し 費用 どのくらい

引っ越し業者の1番簡単な選び方

引越し 見積もり 比較

引越し 見積もり 相場

引越し 見積もり 安い

引越し 見積もり 格安

 

引越しにはお金がかかります。

 

新居物件の契約費用、引越し費用、不用品の処分費用、カーテンや証明、ガスコンロの購入費、新しい家具の購入費用などがまとめて一気に来ます。
なかなか減額できるものはありませんが、引越し費用は安いほうがいいと思いませんか?

 

引越し費用を安くしたいなら、複数の引越し業者から見積りを取って比較する必要があります。
最低でも3社は比較したいところです。

 

しかし見積もりの依頼を何度も行うのは実に大変です。

 

そこでオススメなのが引越し業者一括見積もりです。
一度情報を入力するだけで複数の引越し業者からの見積もりを取ることができます。

 

どこの業界でもそうですが、やはり競争がないと費用が下がることはありません。

 

一括見積もりなら大手から地元の引越し業者まで200社以上が参加しており、あなたのお住まいの地域に対応できる引越し業者を選んで見積もりを取ることができます。

 

サイトの利用料は無料ですので、ぜひ賢くご活用ください。

 

引っ越し 業者 選び方

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し料金を安くする方法

 

引越し 繁忙期

 

引越し料金はできれば安い方が嬉しいですね。
引越し業者一括見積もりをすれば、一番安い引越し業者を見つけることが簡単にできます。
料金の比較がなくては、安いのか高いのか判断できませんものね。

 

しかしもっと引越し費用を安くしたいのであれば、一括見積もりに申し込む前にまずは引越しの条件を変えてみませんか?
もし出来るものがあれば、もっと費用を安くすることができますよ。

 

まず最初に、3月の引越しはできるだけ避けましょう。
3月は引越し業者の繁忙期ですから、引越し費用を安くすることがあまり出来ません。

 

そして土日祝日、月末月初め、大安なども人気があるので引越し費用が安くなりません。
狙い目は平日です。
平日であれば引越し料金は割引される可能性が高くなります。

 

また午前の引越しと午後の引越しなら、午後の引越しの方が費用が安くなります。
みなさん朝から引越し作業を始めて、夜にはちょっと落ち着きたいと思いますから午後は人気がないのです。

 

それに午後引越しは予定よりも遅れることもあるので、時間と気持ちに余裕がないとできません。
しかいその分不安定な分、割引されるチャンスが高いので費用面で言うとオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せというフリー便も費用が安くなるのでオススメです。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの際にはすることが多いですから、簡単な手順を先に確認しておくと便利です。

 

ではひとつずつ細かく見て行きましょう。
引越し業者への見積もり依頼をしてしまいたいところですが、新居が決まってからでないと見積もりの受付をしてもらえません。
なぜなら新居の状況(エレベーターの有無など)も引越し費用を計算する要因の一つだからです。

 

ですから見積もりの依頼は、新居が決まったらすぐというタイミングで依頼しましょう。

 

荷造りは時間がかかりますので、早めに余裕を持って行いましょう。
不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、引越し前に処分してくださいね。

 

引越し2週間前になると、市町村役場に「転出届」を出すことが出来ます。
転出届は市外へ引越しする場合に必要です。

 

ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は1〜2週間前に各会社に引越しの旨を伝え、引越し日までの料金の精算を手配をしてもらいましょう。
同じ市内での引越しであれば、同じ会社で新居の電気・ガス・水道を使えるようにしてもらってくださいね。

 

郵便物の引越しは、最寄りの郵便局で「転居届」を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。

 

さていよいよ引越しですが、荷物の運搬は引越し業者にお任せしてください。
しかし自分で運ばなければならない荷物がいくつかあります。

 

貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運びましょう。
家具の配置はあらかじめ決めておくと当日の作業がスムーズです。

 

引越しが終わったら2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に「転居届」(市内引越しの場合)か「転入届」(市外引越しの場合)を提出しましょう。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をしましょう。
忘れると大事なお知らせが届かくなったり、サービスが受けられなくなったりするのでお忘れなく。

 

 

引越しと近所への挨拶

 

引っ越し 挨拶

 

引越しをしたらご近所にあいさつに行きましょう。
では、どこのお宅まで行けばいいのか知っていますか?

 

マンションやアパートなどの集合住宅であれば左右と上下の部屋の方に、一軒家であれば向こう3軒両隣の計5件のお宅まで行くのが一般的だそうです。

 

他にもマンションの管理人さんや大家さん、そして一軒家の場合は町内会のお祭りやゴミ当番のこともありますので、自治会長さんなどにも挨拶しておくと良いですね。

 

挨拶に行くタイミングですが、できるだけ早くが理想的です。
引越し当日、遅くても翌日までに行きましょう。

 

案外早いと驚かれるかもしれませんが、引越しの時は案外長時間トラックが止まって作業をしていたり、足音が響くので早めに挨拶に行くことで印象を良くしておきましょう。

 

手ぶらで行くよりは手土産を用意しておくと気持ち的にも行きやすいです。
高価なものは必要ありません。500〜1000円程度のもので大丈夫です。

 

人気がある手土産は洗剤やタオルなどの消耗品、お菓子やコーヒー、紅茶などの食品です。
新天地での第一印象は大事にしたいですね。

 

 

引っ越し業者の選び方

 

引越しするときの会社の選び方は、人によって違いますね。

 

大きく分けると、
お金は多少かかってもいいから、仕事をしっかりしてくれる会社を選ぶ人。
または、とにかく安くやってくれる引っ越し業者を選ぶ方。

 

評判を調べてみるとわかりますが、どの会社をみても、
よい評判だけという引越し屋さんはないですよね。

 

だったら、
安く引っ越しをしてくれるところを見つけてから選ぶ
のが良いのではないでしょうか?

 

安くて作業をしっかりしてくれるのに
知名度がない引っ越し業者はたくさんあります。

 

=>そんな引越し業者の見積もりはこちら

 

 

引越し業者の有料オプション

 

引越し 有料オプション

 

引越し業者には有料のオプションサービスというのがあります。
引越し費用は人件費と交通費とこの有料オプションの合計になります。

 

どんなサービスがあるのでしょうか?

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

エアコンは高価なので新居に持って行きたいところですが、移設が非常に面倒な家電です。
しかしオプションで「エアコンの移設」を依頼しておけば、引越し業者が面倒な手配を代理でやってくれるので便利です。

 

車の陸送は長距離の運転が苦手な方には嬉しいサービスです。
高速道路が怖い、長時間の運転に自信がない、小さな子がいるなど、自分で車を新居まで運べない方も多くいます。
さすがに車を宅配してもらうこともできないので、移送サービスは本当に助かります。

ピアノをお持ちの方にはピアノの運搬、調律のサービスがあります。

すべての引越し業者がピアノを運べるわけではないんです。
小さな引越し業者は扱わないこともありますから、申し込みの時点でピアノの運搬も可能かどうか知っておきたいですね。

 

じつに今どきだなと思うのが、盗聴器を探すオプションです。
どんなサービスが必要なのかも業者を決める目安になりますね。

 

 

引越し費用は、思っている以上に幅あります。

 

引っ越し価格の違いは、引越しする日時にも関係していますが、
大きく影響しているのは引っ越し業者の違いです。

 

引越し会社は、それぞれ忙しい時と暇なときがあります。
もちろん、暇なときは安くしてでも仕事をしたいですし、忙しいときは値引きをしたくありません。

 

また、大手の引越し会社は経費がかかるのと広告費で高めになる傾向があります。

 

あなたが引っ越したい日程と引越屋さんの稼働状況が
ピッタリ一致したところが安くて最適な会社になります。

 

引っ越し業者によって値段が違ってきますので、
できるだけ多くの会社に見積もりをとって、
それからしっかり比較するのが選ぶポイントです。

 

一度に複数の引越会社から見積もりを取ることができる
引越し比較サイトで見積もりするのがおすすめです。

 

 

引っ越し 業者 選び方